ヘッダー画像

加齢臭を予防する!!加齢臭に効くいろいろ

加齢臭を予防する!!加齢臭に効くいろいろ

加齢臭に効く食べ物

加齢臭の原因には様々なものがありますが、食生活も重要な要因のひとつとされています。

こまめに体を清潔にする、香水などでエチケットに気を使う、そういったことももちろん大切なことですが、食生活を見直して体の内側からケアすることで、その予防には大きな効果が期待できます。


加齢臭の予防には、肉食中心の欧米的な食事よりも日本食が最適であるといわれています。

においの原因となる「ノネナール」という物質は、活性酸素によって体が酸化することで発生しますが、肉類を食べると脂肪酸の分泌を高めるため、このノネナールの発生を助長するのです。

また、動物性脂肪を多く摂取すると、皮脂腺が活発化するため、汗や脂などの体臭もきつくなってしまいます。

では、具体的にどのような食事が加齢臭を撃退するのに効果を発揮するのでしょうか。


和食の基本といえば主食の米ですが、白米よりも未精米のものや、胚芽にビタミンが豊富に含まれている雑穀などが最適です。

胚芽米、玄米などには、若返りのビタミンともいわれ化粧品などでも注目されているビタミンEや、ビタミンB群、そのほかにもマグネシウムや亜鉛といった有効な物質が豊富に含まれているのです。


加齢臭には酸化を誘発する活性酸素が大敵だということは先ほども述べましたが、ここで活躍するのがビタミンCとEです。

これらのビタミンは、抗酸化作用において非常に優れた効果を発揮します。

ビタミンCを多く含む食品には、小松菜・パセリ・ブロッコリー・ほうれん草などの野菜や、アセロラ・いちご・レモンなどの果物などがあります。

また、ビタミンEを多く含む食品には、ほうれん草・さつまいも・かぼちゃなどの野菜や、さんま・サバ・ホタテなどの魚介類、プルーン・キウイなどの果物のほかにピーナッツ、アーモンドなどがあります。


この他に、抗酸化作用に優れた食品として知られているものに、緑茶に多く含まれるカテキン、赤ワインに含まれるポリフェノール、また味噌や豆腐など、和食に馴染みの深い大豆に多く含まれるイソフラボンなどがあります。


加齢臭の要因としては、このほかにストレスとの関連性も指摘されています。


抗酸化作用に優れた食材を意識したバランスのよい食事、またストレスをうまく発散して快適な毎日を送ること、このようなことを心がけていつまでも若々しくありたいものですね。